さつまいものカロリーや栄養が気になる!効能も教えて!

さつまいものカロリーや栄養が気になる!効能も教えて!

秋になると様々な品種のさつまいもが店頭に並びますね。ついつい食べ過ぎてしまいやすいので、カロリーが気になるという人も多いのでは?今回はさつまいものカロリーや栄養価や効能についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

さつまいものカロリー、栄養は?

さつまいものカロリーは100gあたり132kcal。長さ16㎝程度のさつまいもだと200gくらいになるので、1本264kcalですね。ただし、これは生のさつまいもに味付けなしでそのまま食べた場合です。

264kcalと言われても、カロリーが高いか低いかピンとこないと思うので、身近なお菓子と比較してみましょう。

(大体の目安)
・ハーゲンダッツミニカップ1個分
・ポテトチップス半袋
・板チョコ2/3枚分

と同じくらいのカロリーです。

さつまいも1本を蒸したり、焼いたりして丸々食べると、結構お腹が膨れます。でも、同程度のカロリーのお菓子だと、正直物足りないのではないでしょうか?ポテトチップスだと、1袋ペロリと平らげてしまうなんて人がほとんどのはず。板チョコも、ついつい食べきっちゃいますよね・・・。お菓子と比較した場合、さつまいもは決して高カロリーではないことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

しかも、さつまいもは「準完全食」とも言われる食材。完全食というのは、健康を維持するための栄養素がバランスよく含まれた食材のことです。パワーの源「炭水化物」、便秘解消に良い「食物繊維」、がん予防に効果的な「セルロース」や「ガンクリオシド」、風邪予防や免疫力アップに欠かせない「ビタミンC」など、体に嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。 さつまいものビタミンCは過熱に強い点も嬉しいですね。

【スポンサードリンク】

さつまいもの効能

栄養満点のさつまいもの効能を得ようと思ったら、「調理は皮ごと」が鉄則です。というのも、さつまいもの栄養素は皮の部分にたっぷり含まれているから。土を落として、綺麗に洗って丸ごと食べるのがおすすめです。

さつまいもを食べるとオナラが出るという話を聞いたことはありませんか?これは体内の消化不良が原因です。さつまいもの皮には消化を促すヤラピンが含まれているので、皮ごと食べれば、消化不良によるオナラを防ぐ効果もありますよ!

まとめ

さつまいもは意外と低カロリー。市販のスナック菓子やチョコレートを食べるより、ヘルシーで栄養もたっぷり。嬉しい効能もたくさんあるので、「ダイエット中だし・・・」という人こそ、今年の秋はさつまいもを食べてみてはいかがでしょうか?
焼いたり、蒸したりと加熱済みのものを常備しておけば、子供達の「お腹すいた!」にもすぐに対応できますよ。

以上、「さつまいものカロリーや栄養が気になる!効能も教えて!」でした。

【スポンサードリンク】