秩父夜祭2016 花火は何発?打上場所や観覧場所(穴場)情報を公開!

秩父夜祭2016 花火は何発?打上場所や観覧場所(穴場)情報を公開!

花火やお祭りと言えば「夏」のイメージですが、秩父夜祭は12月に行われ、季節外れの花火も打ち上がります。京都の祇園祭と飛騨の高山祭りに並ぶ、日本最大美祭の一つに数えられている秩父夜祭!2016年の花火は何発上がるのでしょうか。さらに場所や観覧席情報をまとめてみました。こちらを参考に冬のおでかけプランに今から加えてみてはいかがでしょうか?

関連記事:秩父夜祭2016 歴史、日程や屋台情報!駐車場や混雑予想

(2015年 秩父夜祭花火の様子)

【スポンサードリンク】

2016年の秩父夜祭の花火は何発?

2016年の秩父夜祭では、約7000発の花火が打ち上げられる予定です。
日程は12月2日(金)と3日(土)の2日間。

詳細は、
【2日】
19:00〜20:00 スターマイン、単発の打ち上げ花火

【3日】
19:30〜 25名の花火師達が競い合う日本芸術花火大会
20:50〜 煙火主催5台のスターマインの競技花火大会
21:20〜 花スターマインや虹のスターマイン大会

2日間も花火大会が行われる予定で、2日目の方が打ち上げ数は多く上がります。これは、どちらも見逃せませんね!

【スポンサードリンク】

秩父夜祭花火の場所

では、秩父夜祭の花火はどこで打ち上げられるのでしょうか?お祭り自体は埼玉県秩父市馬場町にある秩父神社や周辺の道路で行われ、花火の打ち上げは羊山公園で打ち上げられます。羊山公園は、芝桜でも有名な公園です。花火大会当日は、打ち上げ場所となっているので、当然羊山公園へは立入禁止になりますのでご注意を。

【打ち上げ場所の羊山公園】

【秩父夜祭が行われる秩父神社周辺】

花火観覧の穴場情報

花火を見るなら、やっぱりいい場所で綺麗な花火を見たいですよね。では、秩父夜祭の花火はどこからが綺麗に見ることが出来るのか、オススメの穴場をご紹介します。

【国道140号線沿い】
上野町の交差点から南小学校前まで通行止めになるので、ココは絶好のポイントになります。

【ウニクス秩父】
ショッピングセンターですので、綺麗なトイレがあります。お子様連れの方にはオススメですね。

【道の駅ちちぶ】
ウニクス秩父の北側にあり、有料駐車場もあります。ただ、すぐに満車になるので車の方は早めに行くことをオススメします。

【南小学校付近】
場所取りの必要なく気軽に見られる穴場です。

観覧場所の予約を申込むこともできるようですよ。気になる方は、観光協会へお問い合わせしてみてください。2016年の秩父夜祭でお気に入りの観覧席を、見つけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今年の秩父夜祭の日程は12月2日(金)3日(土)で、打ち上げられる花火の数は7000発。週末なので大変混雑が予想されますね。駐車場の確保、観覧場所の確保は早め早めの行動が安心だと思います。穴場も遅くに行くと混雑している可能性があります。渋滞が嫌だという人には、バスツアーなんかもあるそうです。350年の歴史がある秩父夜祭の花火で2016年の残りあと少しも頑張りましょう!

以上、「秩父夜祭2016 花火は何発?打上場所や観覧場所(穴場)情報を公開!」でした。

関連記事:秩父夜祭2016 歴史、日程や屋台情報!駐車場や混雑予想

【スポンサードリンク】