水シャンプー 薄毛への効果は?臭いは気にならないの?

水シャンプー 薄毛への効果は?臭いは気にならないの?

福山雅治をはじめ芸能人のあいだでやっている人が広がっているということで話題になったお湯シャンプー。実はよくないこともあることを知ってましたか?そのお湯シャンプーのデメリットをカバーするのが水シャンプーなんです。薄毛への効果や気になる臭いなど水シャンプーの方法について解説します。

お湯シャンプーのデメリット

お湯シャンプーのやり方はとてもシンプルです。40度以上のお湯で髪の毛を丁寧に洗い流すというだけ。40度以上のお湯はシャンプーとほぼ同じ洗浄効果があるので、髪の毛の7~8割程度の汚れはお湯だけで落とすことができるのです。
ですが、お湯シャンプーは皮脂を奪いすぎてしまうデメリットがあります。その結果、頭皮が乾燥してフケの原因になったり、キューティクルが剥がれてパサついてしまうことがあります。

【スポンサードリンク】

水シャンプーがオススメ!

お湯シャンプーのデメリットである「皮脂を奪い頭皮が乾燥する」と「キューティクルの剥がれる」。これらを払拭できるのが水シャンプーなのです。水といっても、ぬるま湯に近い35度前後の水を使います。ぬるま湯でシャンプーすると髪の毛の表面を傷つることもなく、必要異常に皮脂を落とすこともありません。また体温より低い温度の水で洗うと血行が促進され薄毛予防にもなると言われています。

ポイントは、頭皮を丁寧に洗うことを意識して丁寧にマッサージするように洗います。時間は3分ほどかけて、じっくり頭皮をマッサージしながら汚れを落としていきましょう。ぬるま湯で頭皮を洗った後は、常温の冷たい水でさっとすすぎます。これで髪の毛表面のキューティクルを保護できます。

最初はベタつきやゴワつきが気になるかもしれないので、週に1回程度、状況にあわせて2日、3日と回数を増やしていきましょう。きっと髪の毛に変化を感じることができるでしょう。

薄毛への効果は?臭いは大丈夫?

水シャンプーは薄毛にも効果があります。南雲吉則さんという医師をご存知でしょうか。この方、61歳という年齢でありながら見た目は30〜40代に見えることでとても有名なお医者さんです。南雲吉則さんの家系は禿げやすいらしく、ご本人も薄毛で悩んでいたそうです。そこで南雲吉則さんは、薄毛対策方法として水シャンプーを実践していたのだそうです。そのおかげもあって、今でも髪の毛はつやつやでフサフサ!

20歳若く見えるために私が実践している100の習慣 南雲吉則

【スポンサードリンク】

ぬるま湯で行う水シャンプーは、お湯シャンプーや洗浄シャンプーのように必要以上に皮脂を奪いません。髪の毛が本来持っているバリア機能により薄毛予防になるです。また、ぬるま湯で洗った後に冷たい水すすぐことで頭皮を引き締めることで、頭皮の血行を促進する効果が期待できます。

臭いについても、ぬるま湯でしっかり汚れを落としていれば気になることはありません。

まとめ

水シャンプーは、頭皮の皮脂を必要以上に落とさず髪の毛のキューティクルを保護し、薄毛予防の効果も期待できるのでオススメです。シャンプーを使わなくても頭の嫌な臭いがすることはありません。方法は時間をかけてぬるま湯で頭皮を丁寧に洗い流すことです。水シャンプーの正しい方法を実践せずにさっと洗い流すだけだと、ベタつきや臭いは残ってしまいます。髪の毛で悩んでいる人は一度実践されてみてはいかがでしょうか?

以上、「水シャンプー 薄毛への効果は?臭いは気にならないの?」でした。

【スポンサードリンク】