財布の風水2017 色別金運効果と使い始めに気をつけるべき点

財布の風水2017 色別金運効果と使い始めに気をつけるべき点

財布の風水、2017年、財布の色別金運効果と新しい財布の使い始めに気をつけるべき点について解説します。今年こそは運気、金運を上げたいと思っている人、ぜひご覧ください。

関連記事:財布の風水 2017年版、買い替え時期や使い始めに良い日!!
関連記事:財布の風水 2017年使い始めに良い日は?
※こちらも合わせてお読み下さい。

財布に気を使うことはとても大事なことです。「財布に気を使う=お金に気を使う、お金に気を払う」ことになります。お金にずぼらな人は財布にもずぼらなものです。浪費家であったり、お金が貯まらないと嘆いている人は、財布に気を使うことをせず、ボロボロなのに何年も買い換えていなかったり、スーパーのレシートが沢山入ったままになっていたりしていることが往々にしてあります。
財布に気を使う人は、中のお金のことも常に気にしているので、お金の管理がしっかりできている人が多いです。

ここでは風水的に財布の買い替え時期や使い始めについて、色別の金運効果などを解説していますが、風水など関係なく、財布に気を使うことがお金と上手に付き合う第一歩であることも理解しておいて方が良いと思います。
では行きましょう!

【スポンサードリンク】

財布の風水 色別金運効果は?

風水では財布は色によって金運効果が違ってくるとされています。。自分の好きな色、スタイルに合わせ色を選ぶようにするといいと思います。

【黄色(イエロー)】
黄色の財布は金運を上げる色としてもっとも有名ですね。黄色の財布はお金が入ってくるようになるが、その分出て行くようにもなってしまう色と言われています。お金の出入りが派手になるということです。これを抑えるために薄い黄色にする、クリーム系にする、黄土色にするなどの回避策があります。

【金色(ゴールド)】
金色もその名の通り、金運アップにつながる良い色です。また黄色よりも安定してお金が入ってきて、使い方も堅実な賢い使い方になると言われています。

【銀色(シルバー)】
銀色の財布は金運そのものは上がらないものの、持っていると良い人と知りあえたり、良い不動産や有価証券などが手に入る財運が上がると言われています。お金はある程度持っていて、お金以外の財産を増やしたい、良い人と巡り会いたい場合などは銀色がオススメです。

【赤色(レッド)】
情熱的な色で、財布ではなく色として好みだという人も多いと思いますが、赤色の財布は別名「貧乏財布」とも言われるほど金運を下げると言われています。「赤=火」とされ、お金、金運を一瞬で燃やしてしまう、もしくは浪費が激しくなる色とされ、財布には適しません。

【オレンジ色(オレンジ)】
オレンジ色も赤色と同様で、財布には適さない色とされています。効果は赤色と一緒で、お金、金運を一瞬で燃やす、浪費がひどくなる色とされているので財布としては持たない方がいいでしょう。

【桃色(ピンク)】
桃色の財布は突然運気が上がる色とされています。また他力本願で運気が上がるとも言われている色で玉の輿を狙っている人、すでに結婚していて旦那さんに出世してもらいたいと思っている人などにオススメの色です。その時必要なお金が外部要因で突然入ってくる色ともされています。

【青色(ブルー)】
青色の財布は、「青=水=流れる」ということから、お金を流してしまう色とされています。真っ青な青色は避けた方が良いでしょう。水色、淡いクリームがかった青色は、無駄使いを抑える、冷静な判断ができる色とされているので金運は上がりませんが、お金に堅実になりたい人には良いかもしれません。また紺色は意志を持って貯金する目標額などを決めると、お金を貯める色とされています。

【緑色(グリーン)】
金運を上げる効果はなく、出て行ったお金を呼び戻す効果があると言われています。堅実に働く人向けの色ともされており、逆に言うと堅実にコツコツ働く人以外の人が持ってもなんの効果も発揮しない色とされています。

【茶色(ブラウン)】
茶色は土の色とされ、お金に安定感が出てきます。貯蓄する運気が上がるので浪費しなくなります。お金を貯めたいと思っている人向きの良い色です。薄い茶色から濃い茶色まで効果は同じとされています。

【黒色(ブラック)】
黒色の財布は今持っているお金を守る効果があると言われています。金運を上げる、お金を増やす効果はありませんが、持っているものをなくすことはなくなります。例えば財布に5万円入っていたとしたら、使ってもすぐ補充されるという具合です。また、金色の金具のついた黒色の財布が良いとされ、ほどほどに金運が上がり、お金も守ることができます。

【白色(ホワイト)】
白色、ベージュ系はお金に良い色とされています。白にはお金を清浄する効果があると言われており、お金を貯めやすくなる効果もあります。ただし、白は汚れやすいので、常にキレイにしておく必要があります。汚れた白色の財布は逆効果になってしまいます。

【スポンサードリンク】

財布の風水 財布を使い始めるときに気をつけるべき点

財布の風水では、財布は買ってきてすぐに使い始めるのは良くないとされています。前に使っていた財布からお金を移動し、カードを移動し使い始めるのはNGです。では使い始めるのにどのような点を気をつけるべきなのでしょう。

【財布に標準金額を記憶させる】
財布は自分が持つべきお金はいくらなのか覚えるとされています。ですから使い始めの時にその金額のお金を実際に入れます。標準的な理想は100万円を帯がついた状態で入れます。100万円の束なんてすぐに用意できない!という場合は一番上と一番下だけ本物の1万円札にして、間の98枚は「一万円」と書いた紙でもいいとされています。24時間以上かけて財布に記憶してもらいます。

【一億円札を作って入れる】
これも財布に金額を覚えてもらうためにすることです。1万円札を下の写真のように折り100000000円のお札を作ります。
100000000

【寅の日から使い始める】
金運の日とされてる「寅の日」から財布を使い始めると良いです。虎の黄色の模様が金運アップにつながるとされており、虎は一瞬で千里の道を駆け巡り、また一瞬で戻って来ることからお金もすぐに戻ってくる良い日とされています。
カレンダーで寅の日を確認することができるので、その日から使い始めるようにしましょう。

【財布を浄化させる】
財布は自分の手元に来る前に色んな人、物に触れています。ですから使い始める前に「浄化=リセット」させてから使うようにしましょう。浄化の方法は簡単。満月に向かって財布を掲げ、ふりふりと何かをふるい落とすように振ります。
また、浄化効果があるとされる水晶を財布の中に入れたり、大きな水晶を持っている場合はすぐそばに置いておくことで浄化効果が得られます。

【スポンサードリンク】

まとめ

新しい年に新しい財布に切り替えることは良いことです。ボロボロの財布を何年も持っているのは金運にはとても悪いのでこまめに財布は切り替えるようにした方が良いとされています。
財布を選ぶときはその時の自分の目的にあった色の財布にすると良いでしょう。
また買ってきたらすぐに使い始めるのではなく、浄化やお金を記憶させる作業をしてから使い始めるようにします。

以上、「財布の風水2017 色別金運効果と使い始めに気をつけるべき点」でした。
関連記事:財布の風水 2017年版、買い替え時期や使い始めに良い日!!
関連記事:財布の風水 2017年使い始めに良い日は?
※こちらも合わせてお読み下さい。