川越まつり2016 開催日程や時間、会館の展示情報

川越まつり2016 開催日程や時間、会館の展示情報



例年80万人を超える参加人数を誇っているのは埼玉県川越市の川越まつり。2015年はそれを大きく上回って参加者は100万人超え!2016年も多くの人で賑わうことでしょう。今回は川越まつりの開催日程や時間、お祭りをより楽しむための川越まつり会館の展示情報をご紹介します。

【スポンサードリンク】




川越まつり2016 開催日程、時間

川越祭りの2016年開催日程は、10月15日・16日の2日間行われます。
川越まつりの魅力は、29台の山車が昼と夜で全然違った表情を見せてくれるところにあります。1日居ても飽きることがありません。明るい昼間は、山車29台それぞれの装飾や色遣い、デザインの違いを目で見て楽しむことができます。

夜になると、山車は提灯で照らされて、昼間とはまた違った豪華な雰囲気に変身します。最大の見どころは、大人から子供まで大興奮の「曳っかわせ」。2台の山車が向い合せになって、笛や太鼓を演奏したり、踊ったりして祭りを盛り上げます。

小さい子供はその迫力にびっくりしてしまうかもしれませんが、小学生以降なら楽しめると思いますよ!曳っかわせの2016年開催時間はまだ公開されていませんが、例年18時30分から21時頃まで見ることができます。情報は随時公式HPで更新されるので、ぜひチェックしてくださいね。

【スポンサードリンク】




川越まつり会館の展示情報

川越まつり会館は、10月~3月にかけては閉館時間が1時間短くなり、9時30分~17時30分までとなります。入館は17時までなのでご注意ください。大人は300円、小中学生は100円で館内の全ての展示物を楽しむことができます。最大2時間まで無料の駐車場が11台分設けられています。

川越まつり会館の一番の見どころは、1階にある「山車展示ホール」。川越まつりで実際に曳かれる本物の山車を間近で見ることができます。迫力満点の大きさながら、細部には精巧で繊細な彫刻が施されており、見る人を感動させます。お祭り当日はすごい人で、なかなか間近で山車を見ることができませんから、しっかり目に焼き付けておきたいですね。

もう1つ見逃せないのが、2階にある「展示コーナー」。ここでは川越まつりの歴史や、歴代のポスターなどがズラリと展示されています。歴史について知っておけば、お祭りがより一層楽しめること間違いなし!同じく2階には、昨年の川越まつりの様子を撮影した写真の展示スペースが用意されています。昨年の様子と、今年の様子を見比べてみるのも面白いかもしれませんよ。

(川越まつり会館の場所)

毎年、注目度の高い川越まつり。2016年度も期待が高まりますね。お祭りに参加するのはもちろんのこと、お祭りにまつわる豆知識が得られる「川越まつり会館」にも足を運んでみてはいかがでしょうか。最終入館時間は17時までなので、朝一番に行くか、お昼の山車を見た後に行くのがおすすめですよ。

以上、「川越まつり2016 開催日程や時間、会館の展示情報」でした。

【スポンサードリンク】