花火ができる場所、京都・大阪の公園や河川敷の条例やルール

花火ができる場所、京都・大阪の公園や河川敷の条例やルール

“花火”は日本の夏の風物詩ですね。日本各地で花火大会が開かれますが、やはり身近に楽しめるのは手持ち花火です。しかし、最近では条例などの規制があってどこで花火ができるのかよくわからない、という方も多いようです。

そこで、今回は京都や大阪にしぼって花火ができる場所について公園や河川敷での条例やルールについて調べてみました。

関連記事:公園で手持ち花火、東京都内は禁止?区別に調べてみた

【スポンサードリンク】

花火ができる場所といえば公園、河川敷

今より規制がゆるかったり条例も定められていなかった頃は、気軽に自宅の庭や生活道路、空き地や公園、河川敷などで夏の夜に花火で遊ぶことが出来ました。
では、今はどうなっているのでしょうか?

まず、第一に確認しておくことは住んでいる地域の自治体(都道府県、市町村など)の条例で花火がどう扱われているか、ということです。
多くの地域では、自宅の庭、生活道路、空き地などでは手持ち花火に関しては禁止されておらず、ロケット花火など飛翔するもの、打ち上げ花火、仕掛け花火などについて禁止されているようです。

花火で遊べる場合は、下記ような注意点とマナーに気を遣いましょう。

・ある程度広く開けた場所であること
・人や車のとおりが少ないこと
・周りに燃えやすいものがないこと
・花火をするのは遅くとも21時まで、22時以降は非常識と考えられる
・騒ぎすぎず、住宅地で行う場合は煙の行方にも気を遣う

ただし、最近では都市部を中心に自宅の庭や道路で花火をすることはマナー違反と考える人が増えてきています。遊ぶ時にはご近所迷惑にならないよう注意と町内でのルールがどのようになっているのかも確認しておいた方がいいですね。

近くに公園や河川敷、海岸がある場合はどうでしょう?
やはり自治体の条例でどう扱われているかを第一に確認しましょう。そして、公園や河川、海岸の場合は管理している団体が定めたルールがあります。ホームページや電話で問い合わせられますし、現地の看板などに注意書きがある場合もあります。

これらもロケット花火、打ち上げ花火などは禁止されている場合が多いのですが、手持ち花火はできるところも多いようです。

安心して花火を楽しむためにも、よく知らない場合は事前に確認しておくといいですよ。

【スポンサードリンク】

京都の手持ち花火に関する条例、ルール

京都府では鴨川における花火について、下記のようにホームページに記載しています。

・鴨川条例により、河川敷における打ち上げ花火等の使用を禁止
・使用禁止の花火は、ロケット花火など飛翔することを主とするもの、打ち上げ花火など打ち上げることを主とするもの、爆竹・クラッカーなど爆発音を出すことを主とするもの
・禁止区域:[鴨川]高橋~京都南大橋、[高野川]馬橋~鴨川合流点

上記以外の花火(手持ち花火)は禁止されていませんが、近隣住民や他の利用者の迷惑にならないよう配慮し、ゴミは持ち帰るよう案内されています。

ところで、京都といっても広く自治体によって条例が異なります。日本海側の京丹後市などの海水浴場では花火ができるところもあれば禁止されているところもあります。

ここでは京都市内に限定して調べてみました。

まず、自宅の庭などで花火は京都市火災予防条例を読む限りでは、花火については記載がありませんでしたので、上記の注意点を参考にしていただければいいと思います。

疑問な点があれば市役所に問い合わせるのといいでしょう。

では、京都市内の公園はどうでしょう?これは京都市都市公園条例の第5条の公園内での行為の禁止(6)に「焚火をし、又は火気をもてあそぶこと」とありますので、手持ち花火を含めて全ての花火で遊ぶことはできません。

京都市内で手持ち花火をするなら鴨川の河川敷が確実ですね。

大阪の手持ち花火に関する条例、ルール

大阪府内で花火を楽しむ場合は、自治体ごとに条例が異なっています。

大阪市の場合だと自宅の庭などで花火は大阪市火災予防条例を読む限りでは、花火については記載がありませんでしたので、やはり上記の注意点を参考にしていただければいいと思います。疑問な点があれば市役所に問い合わせて確認しましょう。

公園については、大阪市では大阪市公園条例第3条第1項第9号に「他人に危害を及ぼすおそれのある行為」とあり、花火がこれに該当するそうです。

園内の案内板で「花火」の禁止として花火全般を指している場合もあれば、「打ち上げ花火は禁止」としているところもあるようです。公園ごとに若干温度差が感じられますので、花火ができるかはその公園がある区域の自治体に問い合わせてみてもいいでしょう。

財団法人大阪府公園協会によれば、下記9つの公園では花火が楽しめるとあります。しかし、ロケット花火・打ち上げ花火などは禁止されているので手持ち花火のみです。園内で可能なエリアなどもそれぞれのホームページで案内されています。

〇服部緑地
所在地:豊中市服部緑地1-1
お問い合わせ:06-6862-4945

〇寝屋川公園
所在地:寝屋川市寝屋川公園1707
お問い合わせ:072-824-8800

〇山田池公園
所在地:枚方市山田池公園1-1
お問い合わせ:072-851-4761

〇大泉緑地
所在地:大阪市北区金岡町128
お問い合わせ:072-259-0316

〇浜寺公園
所在地:堺市西区浜寺公園町
お問い合わせ:072-261-0936

〇石川河川公園
所在地:羽曳野市駒ヶ谷140
お問い合わせ:072-956-1900

〇蜻蛉池公園
所在地:岸和田市三ケ山町大池尻701
お問い合わせ:072-443-9671

〇りんくう公園
所在地:泉佐野市りんくう往来北1-271
お問い合わせ:072-469-7717

〇せんなん里海公園
所在地:泉南郡岬町淡輪地先
お問い合わせ:072-494-2626

では、河川敷での花火はどのような取扱いになっているのでしょうか?
大阪の河川敷と言えばやはり淀川です。管理している国土交通省の淀川河川事務所では、花火について記載がありました。

それによると、

「淀川河川敷の利用については基本的には自由であり、花火についても特に禁止はしていない」

そうです。ただし、淀川河川公園区域内、大阪市旭区側の豊橋大橋から約100m下流より学校法人が占有許可を受けたグランドになっているので、花火はできません。
また、ロケット花火・打ち上げ花火などは近隣住民の方の迷惑になるので禁止されています。上記以外の河川敷ならば手持ち花火は楽しめます。

また、大阪の南部にある貝塚市の二色の浜では、安全な花火であれば6時から21時までであれば楽しむことができます。それ以外は、近隣住民の方に大変迷惑がかかりますので全面禁止とされています。

【スポンサードリンク】

まとめ

花火ができる場所は、各自治体の条例によって制限されている場合があります。

京都市内、大阪市内の公園では公園条例によって禁止されています。

最近では深夜の花火や後片付けをなどのマナーの悪化から、各地で問題が増え禁止区域も増えつつあります。これからも手持ち花火を楽しむためにも条例やルール、そしてマナーを守って遊びましょう。

以上、「花火ができる場所、京都・大阪の公園や河川敷の条例やルール」でした。