2016年冬のボーナスの支給日、平均額、使い道を調査!

2016年冬のボーナスの支給日、平均額、使い道を調査!



もうすぐサラリーマンにとって最大の冬の楽しみ、ボーナスがやってきますね。今から何に使おうかなど考えている人も多いのではないでしょうか?
今回は2016年の冬のボーナスの支給日や平均額、皆の使い道について、気になる人のためにボーナス事情をまとめました。

関連記事:2016年夏のボーナス支給日や平均額、使い道は?

【スポンサードリンク】




2016年冬のボーナス支給日はいつ?

公務員と、一般企業の会社員ではボーナスの支給時期が違います。公務員の冬のボーナス支給日は12月10日。一方、一般企業の場合は、支給時期がはっきりと決まっていません。一般的には、12月の頭に支給されることが多いようですが、中には、クリスマス近くに支給される企業もあります。
ほとんどの会社や公務員が12月上旬に支給されることから、11月頃からデパートや電気量販店などでは「ボーナス商戦」に突入します。様々なセールが企画されるので、この時期を待って欲しかった物を買おうという人が増えるのです。

2016年夏のボーナス推移&平均額をチェック!

2016年の冬のボーナスを予想する前に、夏に支給されたボーナスの平均額やこれまでの推移について知っておきましょう。長引く世界不況の影響を受けて2009年に大幅ダウンした大手企業の夏のボーナスは、2014年からようやく70万円台にまで回復しました。2016年の夏のボーナスの平均支給額は73万4090円。前年度と比べると1.7%ほど増えています。

前年と比べてボーナスの平均額が下がったのは鉄鋼や金属などの製造業。それに対して、大幅アップしたのは非製造業である建設業や電力に関係する業種です。消費税増税に伴うまとめ買いや、駆け込み需要なども影響しているようですね。

【スポンサードリンク】




2016年冬のボーナス平均額は上がる?下がる?

国家公務員は法律で、地方公務員は条例によって、期末手当と勤勉手当の2つ合計した金額が支給されます。公務員の期末手当は一般職で1.4~1.6か月、特定幹部職員で1.2~1.4か月。一方、勤勉手当は成績に応じて支給されるものです。

2014年度の一般企業の社員の平均額が55万円前後だった時に、公務員は60万円強支給されていましたから、一般企業の平均額+αが公務員の冬のボーナス平均支給額だと予想できます。

2015年度の大手企業のボーナスの平均額は約91万円。2016年の夏のボーナスが昨年から1.7%ことを考えると、冬の支給額は91万円を超えるのではないかという見方が強いです。ただし、これは夏の現時点での話。これから冬に向けての経済動向によっては、2015年よりも支給額が下がる可能性もあるのでご注意ください。

冬のボーナスの使い道、どうする?

2015年度の冬のボーナスの使い道ランキングによれば、1位が貯金、2位がローン返済、3位が子供の教育費という結果でした。3位以下には、投資や家族旅行、好きなものを買うといった結果が続きます。経済や将来への不安もあってか、手取りの8割以上を貯金に回すという声も多数みられます。

1位 貯金
2位 ローン返済
3位 子供の教育費
4位 金融商品や外貨預金
5位 旅行

こうやって見ると、やはり現実的な使われ方をしているのがわかります。2016年の今年も昨年と比べて、支給額が大きく変わったり経済的に何か大きなことが起こるわけではなさそうなので、使い道ランキングは昨年と同じではないかと予想されます。

2016年の冬のボーナスは、夏の状況から判断すれば、支給平均額が昨年から若干増える可能性もあります。家族へのサプライズプレゼントや自分へのご褒美・投資など、貯金以外の使い道を計画してみるのもよさそうですね。
以上、「2016年冬のボーナスの支給日、平均額、使い道を調査!」でした。

関連記事:2016年夏のボーナス支給日や平均額、使い道は?

【スポンサードリンク】