暑中見舞いの時期(2016年)関東と関西での違い

暑中見舞いの時期(2016年)関東と関西での違い



メールやLINEなどのSNSが定着している現在では、年賀状以上に出す機会が少なくなってしまった暑中見舞いのご挨拶。ビジネスでの嗜みとして、今でも出す風習が残っているところもあるという程度のようです。
大人の嗜みとして、あえて紙の媒体で夏のご挨拶を出すのも時にはいいのではないでしょうか?

今回は2016年の暑中見舞いを出す時期と、関東と関西などの地域によって、出す時期や文面に違いがあるのかなどの情報をお届けします。

【スポンサードリンク】




2016年、暑中見舞いの時期

通常暑中見舞いの時期は、梅雨が明けて暑くなり始める頃でもある「小暑」(7月7日)から「立秋」の前日(8月6日)までとされています。
きちんと決められた期間というものはないので、おおよそこの期間の中で送っています。ただ、受け取る側のことを考えると実際に暑くなり始める7月後半以降くらいに送るのが、時期的には適していると思われます。

関東と関西での違いは?

暑中見舞いを出す時期に関東と関西の違いは特にありません。どちらも同じタイミングで出して問題はありません。ただ、お中元の時期が関東と関西とでは異なり、関東のお中元の時期が6月下旬から7月15日までと決まっているのに対し、関西のお中元の時期は7月中旬から8月15日までとされています。
このお中元の時期が関西では暑中見舞いの時期とかぶるので、関西ではあまり暑中見舞いを送る習慣がありません。

ちなみになぜ関東と関西のお中元の時期が違うかと言うと、「中元」とは旧暦の7月15日のことで、関東は7月15日を新暦の7月15日に当てはめているのです。旧暦の7月15日は新暦の8月15日頃にあたるため、関西では旧暦の時期をそのままにして8月15日までとなっているのです。

【スポンサードリンク】




暑中見舞いとお中元、残暑見舞いの使い分け

最後に夏のご挨拶として暑中見舞い意外に「お中元」と「残暑見舞い」が存在します。それぞれはどのように使い分ければいいのでしょうか?
それぞれの時期や意味合い、送る相手をわかりやすく整理してみたいと思います。

【暑中見舞い】
◯ルーツと意味
大正時代にご無沙汰になってしまっている人達へ自分の無事や相手の様子を気遣うためにハガキを送る習慣が流行り現在も残っている。
◯時期
関東:7月7日(もしくは梅雨明け)〜8月6日
関西:7月7日(もしくは梅雨明け)〜8月6日、※習慣がないため送らなくても失礼にならない
◯送る相手
・日頃あまり連絡をとらない親しい人
・これからもお付き合いしていきたい人

【お中元】
◯ルーツと意味
中国の三元である「中元」が旧暦の7月15日にあたり、宮中でお盆の行事として行われていた。室町時代になり、お盆は死者を迎える行事に対して、中元の行事として生きている人達への挨拶やお礼をするという習慣が根付きはじめ、江戸時代になると盛んに行われるようになった。
◯時期
関東:6月下旬〜7月15日
関西:7月上旬〜8月15日
◯送る相手
・日頃からお世話になっている人(もしくはなった人)
・これからもお付き合いしていきたい人

【残暑見舞い】
◯ルーツと意味
詳しい資料などありませんでしたが、暑中見舞いと同じく郵便制度が始まってから普及し始めたと考えられます。
◯時期
関東:立秋(8月7日)〜8月末日
関西:立秋(8月7日)〜8月末日
◯送る相手
・日頃あまり連絡をとらない親しい人
・暑中見舞いやお中元を贈れなかった場合

このように見ていくとお中元だけが少し特殊ですが、暑中見舞いと残暑見舞いは夏の年賀状のような意味合いで送れば良いかと思います。
以上、2016年、暑中見舞いの時期、そして関東と関西での違いについてでした。

【スポンサードリンク】