引っ越しの挨拶の品物(粗品)の相場、訪問時間帯はいつがいいの?

引っ越しの挨拶の品物(粗品)の相場、訪問時間帯はいつがいいの?

出会いと別れの季節である春、一年のうちで最も引っ越しの多い季節でもあります。
引っ越しした先でご近所に挨拶する方が多いと思いますが、その時に持っていく品物(粗品)の相場はどのくらいがいいのでしょう?また、挨拶に行くのにもいい時間帯と悪い時間帯があるのであわせてご紹介します。

【スポンサードリンク】

引っ越しの挨拶の品物(粗品)の相場

最近は、近所付き合いをするつもりがないので“引っ越しの挨拶はしない”という方もいるようですが、最初に挨拶をしておくことで今後なにかトラブルが起こった時にも相談できたり意見をいただけたりと、ご近所との交流がしやすくなります。昔から「向こう三軒両隣」という言葉もあるくらいご近所への挨拶は大切な儀式です。
挨拶をしていることで回避できるトラブルもあるので、引っ越し時の挨拶は忘れないようにしましょう。

ところで、挨拶に行くといっても手ぶらではいけません。何か品物(粗品)を持っていくといいのですが、相場はどのくらいでしょうか?一般的には、もらった相手の気持ちに負担にならない額がいいようです。
具体的にはご近所への相場は500円から1,000円、大家さんや管理人さんがいる場合には倍額の2,000円前後です。これくらいの金額ならば、気兼ねなく受け取りやすいようです。

では、どういったものが人気の品物でしょうか?
よく皆さん想像するのはタオルかと思いますが、実は喜ばれるものの特徴としては“残るものより消えるもの”です。つまり、いつまでも形として残っているものより、日常生活で使う消耗品などの方がもらって嬉しい品物のようです。

具体的には下の品物が人気なんです。

キッチン消耗品
hikkosiaisatu01
洗剤類
hikkosiaisatu02
入浴剤セット
hikkosiaisatu03

 

どれも普段使っているものが決まっていても、もらっても困るものではありませんよね。
他にはお菓子もいいようです。ちなみに、大家さんや管理人さんには日本茶やコーヒー、紅茶などのセットもしくは菓子折りなどが一般的で喜ばれます。

【スポンサードリンク】

引っ越しの挨拶の時間帯

挨拶に行くタイミングは、引っ越しの作業で迷惑をかける可能性もあるので、できれば引っ越しの前に行く方がいいようです。それが無理ならば、引っ越し当日か遅くても翌日のうちに行くといいでしょう。

時間帯は基本的に外が明るいうちに挨拶に行きます。
時間帯は11時から16時くらいがいいとされています。ただし、この中で12時から13時頃は昼食をとられている可能性があるので避けます。また、朝7時から9時も平日では出勤、通学などの時間帯で非常に忙しい時間帯ですから絶対に避けましょう。
もし、仕事などの都合で昼間に挨拶に行くことが出来ない場合でも、20時頃までなら常識的な範囲のようです。

以上は平日の場合のおすすめの時間帯ですが、土日祝などの場合でもほぼ同じです。
むしろ、土日祝は出かけている可能性もありますが、在宅している可能性も高いので挨拶に行くチャンスかもしれません。

ところで、もし先方が不在の場合には3回くらいまでなら挨拶に行ってもいいようです。しかし、2~3日様子を見ても不在が続いたりすれ違いなどで挨拶できない場合は、郵便受けなどに挨拶状と品物を一緒に入れておきましょう。その際には、挨拶状に書面での挨拶となったことのお詫びを書いておきます。

まとめ

引っ越しの挨拶は、引っ越しする数日前か当日の11時から16時くらいまでの外が明るいうちに行きましょう。また、その際には手ぶらではなく品物も一緒に持っていきます。
だいたいの相場は500円から1,000円で調味料のセットなど、日常生活で使う消耗品が喜ばれるようです。値段も品物の内容も、気兼ねなく気軽に先方が受け取れるものがいいようですね。

以上、「引っ越しの挨拶の品物(粗品)の相場、訪問時間帯はいつがいいの?」でした。

【スポンサードリンク】