2016 運動会のユニークな種目【幼稚園編】

2016 運動会のユニークな種目【幼稚園編】



日頃は親の言うことを聞かずに悩まされることの多い我が子も、運動会で見せてくれる勇姿には微笑ましさと感動がありますよね。そこで今回は、最近増えた幼稚園でのユニークな運動会の種目を紹介したいと思います。

幼稚園の先生達によると、子供の競技は成長した姿を親御さんに見ていただきたいので、覚えにくい複雑な種目やハプニングを招きやすい種目は、極力避けることが多いとのこと。その分、特に力を入れるのが保護者参加型の種目をいかにユニークにし盛り上げるかとのこと。このことから今回は、保護者参加型にしぼってご紹介します。

関連記事:2016 運動会のユニークな種目のオススメ【小学校低学年編】

【スポンサードリンク】




運動会のユニークな種目① 『この有名人はだれでしょう?』

まずは「この有名人は誰でしょう?動きだけで教えて」です。

①クラスごとにジェスチャーで表現してもらう保護者2人を選びステージに立ってもらいます。
②クラスの他の保護者達は1人ずつパネラーとして参加します。
③パネラーは地面に伏せてある有名人の写真が貼ってあるパネルを頭に掲げ、動きで表現してくれる2人に見せます。パネラーは写真を見てはいけません。
④写真にある有名人の特徴を2人が相談しジェスチャーで表現し、パネラーが答える。

という内容です。これをすべてのパネラーが早く答え終われば勝ち。園児のよく知る芸能人、スポーツ選手やアニメキャラクターであれば、子供達も大喜びで盛り上がります。

運動会のユニークな種目② 『仮想競争』

親子参加型の仮装競争です。子供のかけっこは特に盛り上がりますが、子供達が喜びそうな仮装を加えたものになります。

①子供は仮装衣装の入った袋を持ってかけっこし、待っている保護者のとこまで来ます。
②袋を受け取った保護者は、その場で衣装を着ます。
③中身は、はげかつらやスカート、すててこ、ドレス、キャラクターものなど子供うけのよさそうな衣装を入れておきます。
④子供をおんぶし、ゴールへ向かいます。

※参加保護者がお父さんかお母さんかで中身の衣装が変えます。

【スポンサードリンク】




運動会のユニークな種目③ 『玉入れ競争』

続いて玉入れ競争です。最近の玉入れ競争は、かごを背負った大人が園児から逃げ、園児たちはそれを追いかけ玉を投げ入れるというのが一般的ですが、この方法だと大人はかなり手加減しないと園児は追いつきません。そこで、

・逃げる大人は2人にして、かごを二つにする
・さらに2人3脚になって逃げ回る

これなら大人も子供も一生懸命になり盛り上がります。また、玉入れがスタートするまでは音楽を流し、園児たちは自由気ままに踊ってもらいます。そして音楽が止まった時、玉入れスタートという合図にしておきます。決められた踊りじゃなく無邪気に踊る子供たちの姿を想像しただけでも楽しいですね。

以上、3つの種目をご紹介しました。

そして、親として運動会に参加されたら、ぜひ先生達の様子にも注目しましょう。日頃から親達の代わりに子供達をたくさん面倒を見てくれている先生達は、子供達に歌や楽器の演奏で喜ばせてくれたり、絵や工作を教えてくれたり、作法や友達の作り方などをたくさんのことを教えてくれてます。
その先生達が特に力を入れ、子供達の成長を保護者に見せてくれる場が運動会です。きっと親と同じ気持ちで、子供の成長や達成感に目を潤ませている先生がいるはずです。

以上、「運動会のユニークな種目 幼稚園編」でした。

関連記事:2016 運動会のユニークな種目のオススメ【小学校低学年編】

【スポンサードリンク】