PTAとは?意味や目的、役員とは何をやるの?

PTAとは?意味や目的、役員とは何をやるの?

子供が入学すると必ず耳にするのがPTA。PTAとは、どのような意味や目的があって設立された組織かご存知でしょうか?役員になるとどのような事をするのかについても具体的にご紹介します。

関連記事:PTA役員は大変!?役員の決め方、選出方法のヒント!

【スポンサードリンク】

PTAとは?意味や目的

PTAとは「parent(親)、teacher(先生)、association(会)」の略です。直訳すると「親と先生の会」という意味になります。子供の生活基盤になる家庭と、勉学の場である学校が協力して、よりよい教育の環境を作るための目的で設立されました。

「PTA=学校」のことだと混同している人も多いのですが、PTAと学校は全く別の団体です。PTAには、学校や親が必ず加入しなければいけないという法的な決まりはありません。ただし、PTAの活動内容は学校の行事手伝いや子供の安全を守る事がメインですから、自分の子供が学校に入学したにも関わらずPTAに加入しないというのは非現実的。PTAには入会申込書や退会申込書などは存在しませんから、「入学する=PTA会員」になるというのが当たり前の流れになっています。

また、子供のためにボランティアで行うというのが本来の目的なので、PTA役員に選ばれたからといって働きに応じた給料が出るわけではありません。

【スポンサードリンク】

PTA役員って何をやるの?

自分の子供が学校に入学するという時点で、基本的にはPTA会員だとみなされることになります。PTA役員というのは、PTA会員の代表者のようなもの。たとえば、学校行事でどのような事をするかを考えたり、行事内容の確認、予算組み、実際にかかった費用の確認などを行います。

PTAは法的に決められているものではないので、活動内容や活動時間に関する明確な規定がありません。そのため、学校の方針によっても大きく変わるというのが現状です。また、何をするかというのは、割り当てられる役割によっても変わりますし、どの学年のPTA役員をするかによっても変わります。

ただ、小学校6年生は「6年生を送る会」や「卒業式」など、小学校最後の大イベントが数多く待ち構えているので、PTA役員になると大変だという意見が多いです。「低学年のうちにPTA役員をしておいた方が楽」という意見もありますが、これは状況によりけり。実際にPTA役員を経験した方の中には、1年生~5年生での役員内容はほとんど変わらないという人も多いです。

PTA役員になると、平日の夜間もしくは土日の昼間に集まって話し合いをする必要がありますから、フルタイムで休みなく働く男性が引き受けるのは難しいケースも。パパが役員を引き受ける場合は、平日の日中に集まりがあるのかどうかということも確認しましょう。たった1年間とはいえ、会社を早退したり、休んだりするのは大変なもの。会社の理解もないと難しいので、どのような頻度、どのような時間帯に役員の集まりがあるかは事前に確認しておきたいところです。

基本的には、「子供1人に月1回まで」というような規定を設けている学校が多いのですが、全校生徒で30人にも満たないような小規模の学校の場合には、何度もPTA役員が回ってくる可能性もあります。知り合いに先輩ママ&パパがいる場合は、役員が回ってくるペースを聞いてみると良いかと思います。
「この役員が楽だよ」とか「この役員だけは止めた方がいい!」なんて、経験者ならではの情報が聞けることも。

まとめ

PTAとは、直訳すると「親と学校の会」という意味を持ちます。子供がよりよい場で教育・勉強を受けられることを目的として設立されました。PTA役員というと、面倒、大変、忙しいというイメージが強いですが、「やってよかった!」という人も。先輩ママ&パパの意見が聞けるようであれば、役員が回ってくるペースや仕事内容について教えてもらうといいかもしれませんね。

以上、「PTAとは?意味や目的、役員とは何をやるの?」でした。

関連記事:PTA役員は大変!?役員の決め方、選出方法のヒント!

【スポンサードリンク】