ハロウィンとは?いつやるの?お菓子を配る理由を子供向けに簡単に説明しよう!

ハロウィンとは?いつやるの?お菓子を配る理由を子供向けに簡単に説明しよう!



もうすぐハロウィンの時期ですが、そもそもハロウィンとはなにかご存知ですか?いつやるのか、お菓子を配る理由など子供向けに簡単に説明できるように、今回解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】




ハロウィンとは?いつやるのか簡単に説明しよう

ハロウィンは10月末日、つまり10月31日に行われるお祭りです。お祭りの目的は2つあります。

・1つ目は、畑にやってくる悪霊を追い払うため。海外の言い伝えでは、この日の夜に死者の霊が地上に降りてきて、畑を荒らすと信じられていました。

・2つ目は、実り多い秋の収穫をお祝いするという意味。畑を悪霊から守って、野菜や穀物がたくさん収穫できたことに感謝する。

ハロウィンのお祝いには、こんな意味が込められていたのです。
ハロウィンのお祭りは1日だけですが、1か月前から飾りつけをしたり、仮装の準備を楽しんでいる人が多いようです。早い人だと、十五夜が終わってから準備に取り掛かることも。

USJやディズニーランドなどのテーマパークでは、9月頃からハロウィンムードが漂い始めますね。雑貨店にも、10月頃からハロウィンにちなんだグッズが並び始めています。夏休みが終わると、クリスマスまでこれといった大きなイベントもありませんから、家族でハロウィンの準備を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】




なぜお菓子を配るのかを子供向けに説明

子供がお化けや悪魔の仮装をして、「Trick or treat!(トリック・オア・トリート)」と言い、大人からお菓子をもらうハロウィン。Trickは「イタズラ」、treatは「招待(おもてなし)する」という意味の英単語なので、直訳すると「イタズラされるか、おもてなしするかどっちがいい?」となります。

子供へのおもてなし=お菓子を渡すということから、「イタズラするか、お菓子をくれるかどっちがいい?」という訳し方が一般的ですね。

ハロウィンのお祭りの目的は、冒頭でもお伝えしたように「悪霊がこないようにする」ことと「感謝」。子供をお化けに見立てて、お菓子をあげて去ってもらうことで「悪霊を退治する」という意味合いがあります。

子供に簡単に説明する時は、「お菓子を配って、悪いお化けがこないようにするんだよ。お菓子をもらったら、ありがとうの感謝も忘れずにね。」と伝えると良いかもしれませんね。

ハロウィンがいつ行われるのかは決まっていますが、準備は早くから始めてハロウィン気分で盛り上がるのもいいですよね。子供といっしょに準備をしながら、ハロウィンとはなにか、お菓子を配る理由などを子どもに説明してあげれば、ハロウィンがより身近に感じられるかもしれませんね。

以上、「ハロウィンとは?いつやるの?お菓子を配る理由を子供向けに簡単に説明しよう!」でした。

【スポンサードリンク】