唇の日焼けの症状と対処・予防方法

唇の日焼けの症状と対処・予防方法



日焼けによる唇への影響って考えたことありますか?唇は冬場だけリップを塗っているという人がほとんどではないかと思いますが、紫外線が強くなり日焼けの季節にも対処、予防が必要です。今回は唇が日焼けしてしまった場合の症状や対処、予防方法についてご紹介します。

関連記事:子供の日焼け後のケア 化粧水以外にもおすすめ方法
関連記事:日焼け止めの去年の残りは使ってOK?効果や使用期限は?

【スポンサードリンク】




唇の日焼けの症状

唇の日焼け予防を怠るとどのような症状になるのでしょうか。

・唇がかさかさになる

・唇の皮がめくれる

・唇がヒリヒリと痛む

・唇が水膨れができ腫れる

唇がかさかさになるや、皮がめくれる程度なら日焼けの症状としては軽い方ですが、ヒリヒリと傷んだり、水膨れになって腫れてなどの症状は重症です。場合によっては治った後もシミとなって残ってしまうこともあります。
実は唇には皮脂を分泌させる皮脂腺がなく、他の肌に比べて皮脂膜という保護膜がないということになります。つまり他の肌に比べてバリアする機能が弱いということなので、唇は紫外線などの外部からの刺激を受けやすく、荒れやすいのです。

こうならないためにも日頃から唇の日焼けにも予防することが大切です。

【スポンサードリンク】




唇の日焼けの予防方法

唇の日焼けの予防方法はびっくりするくらい簡単です。
「UVカット効果の高いリップクリームを塗る」
これで唇の日焼け予防は完了です。簡単ですね。ですが、いくつか気をつけたい点があります。

・UVカットリップクリームを塗ってから口紅を塗る。
この順番を逆にして口紅を塗ってからUVカットのリップクリームを塗ると、日焼け止め効果が弱まってしまいます。

・肌の弱い人は紫外線吸収剤の入っていないリップクリームを選ぶ。
これはリップクリームに限らず、肌に塗る日焼け止めのクリームにも言えることですが、紫外線吸収剤は紫外線を肌に吸収させて化学反応を起こさせ肌への浸透をなくすという効果のものです。肌が弱い人は、紫外線吸収剤の化学反応によって肌荒れを起こしてしまう場合があるので注意しましょう。逆に紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤が入った物を選ぶようにするといいです。

中には顔専用の日焼け止めクリームを唇にも塗って代用しているという人もいるかもしれません。それで唇に異常がなければいいのですが、上記に書いた通り、唇には皮脂膜がないので、日焼け止めクリームによって荒れてしまう可能性があります。できれば、代用せず専用のリップクリームを用意した方がいいでしょう。

【スポンサードリンク】




唇が日焼けしてしまったときの対処法

最後に予防対策を忘れてしまい、唇が日焼けしてしまった場合の対処法です。基本的には肌が焼けた場合と同じで大事なのは「冷やす」ことと「保湿」です。

・唇がかさかさになった、皮が向けた
保冷剤や氷をタオルやガーゼでくるんで唇にあてて冷やします。冷やしてほてりを取った後には、リップクリームを塗って保湿します。ワセリンを唇に塗ってパックする方法もオススメです。ワセリンを塗った後、サランラップをのせ10分ほどパックします。パックが終わったらワセリンを拭き取ってリップクリームを塗るという方法です。

・唇が水膨れになって腫れた
痛みの程度が強かったり、水膨れになった、腫れてしまったなどの症状は日焼けではなく火傷になってしまうので、自分で対処せず早めに病院に行って診てもらいましょう。

以上が唇の日焼けの症状や対処・予防方法についてでした。リップクリームを使った唇のケアは冬だけのものではなく夏場でも有効なのです。

関連記事:子供の日焼け後のケア 化粧水以外にもおすすめ方法
関連記事:日焼け止めの去年の残りは使ってOK?効果や使用期限は?

【スポンサードリンク】