ベビーチェアはおしゃれな方がいい!木製のオススメはこれ!

ベビーチェアはおしゃれな方がいい!木製のオススメはこれ!



赤ちゃんがそろそろ離乳食に変わる頃になると家族といっしょに食卓を囲むことが可能になってきます。そうなると必要になってくるのがダイニング用ベビーチェア。

どうせ買うならおしゃれな方がいいですよね?色んな種類がありますが、今回はそんな中からオススメのベビーチェアをご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】




【タイプ別ベビーチェア】

自分の家のダイニングテーブルにサイズが合う物を選ぶ必要があるので、事前にダイニングテーブルの高さを測ってから検討した方がいいと思いますが、ベビーチェアのタイプとしては3種類ほどに分かれます。

chair02『木製タイプ』

こういった物が一般的。折りたたんだりできないので少々場所を取りますが、木のぬくもりがあり見た目は一番オシャレ。


chair04

『金属パイプタイプ』

こちらは金属パイプタイプの物。軽くて折りたたみができ、場所を取らない点が便利。


chair05

『テーブル固定タイプ』

テーブルに固定できるので場所を選びません。友達の家に遊びに行った時やキャンプの時などに持っていけるのが便利。

と言った様々なタイプがあります。

もし、ダイニングのスペースに余裕があるのであれば、このような条件で購入するのはいかがでしょうか?

・オシャレなもの
・子供をしっかり固定できるかどうか
・それほど高くない(1万円くらいまで)

以上の3点から考えると、やはり木製のベビーチェアがオススメになります。その中でも特にオススメなのがこちら。

babychair05

カトージの『プレミアムベビーチェア』

見た目はシンプルです。テーブルは使わない時は椅子の背面にくるっと回転させて、テーブルなしの状態にもなります。

【スポンサードリンク】




【カトージ プレミアムベビーチェアの良いところ】

子供がずり落ちないようにフロントガードがついていて、股ベルトが取り付けられるようになっています。フロントガードは子供が大きくなってきたら取り外すこともできます。
フロントガードなしでテーブルのみで使う場合、テーブル裏面に股ベルトを通して固定できるようになっているのでフロントガードがなくても子供がずり落ちる心配はありません。

椅子や足置きの位置も3cm毎に調整できるようになっているので長く使うことができます。メーカーによると体重80kgまで乗っても大丈夫なので、ガードを外せば大人も座れます。

椅子の重量が10kgあるので持ち運ぶことは困難ですが、我が家の場合、ダイニングテーブルの高さとサイズがぴったりだったので、場所を固定して動かさなくていい状態にしました。

サイズは、幅49cm×奥行60.5cm×高さ80cm
座面調整は、39.5cm〜52.5cm

組み立て式ですが特に難しくなく簡単に組み立てることができました。それと専用のクッションが別売りされています。色んな種類があって、気分で付け替えてもいいですね。

babychair03

お値段がお手頃で、見た目もおしゃれなベビーチェアと言ったら、このカトージのプレミアムチェアが一番オススメです(^^)
長く使う物だから、しっかりした物を選びたいですね。

【スポンサードリンク】