紅葉前線とは?2016年紅葉時期を予想【全国版】

紅葉前線とは?2016年紅葉時期を予想【全国版】

シーズンが近づいてくると連日のようにテレビや新聞で報道される「紅葉前線」情報。紅葉前線とは一体どのようなものかということ、2016年はいつ頃が紅葉の時期となりそうかという予想をまとめました。紅葉シーズンは混み合いますから、早めに計画しておきたいですね!

【スポンサードリンク】

紅葉前線とは?

紅葉前線とは、紅葉が楽しめる時期と場所を線で結んだものです。紅葉が見られる最初の予想日に当直線を引いて、北から南へと推移する様子を確認することができます。紅葉する代表的な木の名前をとって、「もみじ前線」と呼ぶことも。

(このような図で表現されます。参考出典:気象庁)
momijizensen
自宅近くで紅葉を見る時には、都道府県名を選んで見ごろを確認するサイトが便利ですが、全国各地の紅葉を見に行こうと思うなら「紅葉前線」が便利!予定に合わせて、見頃スポットへ足を伸ばすのもいいかもしれませんね。

2016年紅葉時期を予想!

現段階では日本気象協会からは紅葉時期の予想は出ていません。2016年10月ことから公式HPで随時公開される予定です。後悔より一足早く、例年の紅葉前線の傾向&気象庁の平均気温から、紅葉の見頃時期を予想してみましょう!

2012年~2014年の過去3年間の見頃時期のスポット予想を比較しましたが、いずれのスポットも、見頃時期は1~4日程度ずれるかどうかといったところ。過去3年間で、見頃時期が大幅に変化していたのは「大雪山旭岳」くらいです。

見頃が一番早いのは、北海道の「大雪山旭岳」。昨年は9月11日の時点ですでに見ごろを迎えていました。7月末時点では2015年より若干平均気温が低いかなといったところなので、見頃は9月11日より数日早くなると予想されます。しかし、北海道地方は1日の寒暖差が大きいので、見頃が大幅にずれ込む可能性も高いです。

東北地方の「山形蔵王」、昨年の見頃は10月2日頃。現時点では例年との気温差がないことから、このままいけば見頃は同じような時期になるでしょう。「田沢湖高原」付近は例年より若干気温が低めなので、昨年の10月19日よりやや早い見頃を迎えるかもしれません。

関東地方は、昨年よりやや高めの気温となっているので、昨年の見頃時期より数日遅い紅葉が楽しめそうです。ちなみに、2015年の見頃時期は「上高地(河童橋付近)」で10月11日~、「高尾山」で11月13日~でした。

【スポンサードリンク】

関西地方「嵐山」の昨年見頃は11月20日頃~。過去3年の平均気温は1度以上変化していることもあるのですが、見頃時期に変動は見られません。2016年は例年よりも高い気温になりそうですが、過去の例を見ても紅葉の時期には影響はなさそうです。よって、今年も11月20日頃の見頃なのではないかと予想されます。

九州地方の紅葉スポット「菊池渓谷」は、2014年から2015年にかけて平均気温が上がったこともあって見頃時期は2日ほど遅れています。2016年7月の現段階では、昨年よりも平均気温はさらに高くなっていますから、昨年の見頃11月12日より数日遅い見頃を迎える可能性があります。

まとめ

紅葉前線とは、北から南へ推移していく紅葉の見ごろを知ることができる便利なものです。2016年の予想はまだ公開されていませんが、これまでの傾向から推測すると、例年より平均気温が低い場合は早めの見頃、遅い場合は数日遅れて見頃を迎えそうです。とはいえ、8月~9月で大幅に気温が変化する可能性もありますから、10月に発表される気象庁の紅葉前線情報は見逃せません。秋の風物詩紅葉狩り、ぜひ家族で楽しんで下さいね。

以上、「紅葉前線とは?2016年紅葉時期を予想【全国版】」でした。

関連記事:紅葉狩りとは?なぜ狩り?由来や鑑賞時期、名所情報も!
関連記事:紅葉前線とは?2016年見ごろ予想【北海道〜関東〜近畿〜九州】

【スポンサードリンク】