千葉の潮干狩り 2017年の時期、無料と有料の差は?料金はいくら?

千葉の潮干狩り 2017年の時期、無料と有料の差は?料金はいくら?

大人から子供まで楽しめる潮干狩り。ほとんどの潮干狩りスポットは有料ですが、無料のところもあるようです。今回は潮干狩りのメッカとして知られている千葉の2017年の最適な時期やおすすめの無料潮干狩りスポット、無料・有料の違いなどについてまとめました。

関連記事:潮干狩り2017 関東の時期はいつ?おすすめの場所、沢山取るコツ!

【スポンサードリンク】

2017年、千葉の潮干狩りの時期は?

千葉県の潮干狩りの時期ですが、3月の後半からオープンする潮干狩り場が多いようです。
潮位で見てみると、3月の最適な時期は3月28(火)~31日(金)頃です。4月になると本格的に潮干狩りのシーズンとなりますが、最適な時期は4月26日(水)~4月30日(日)頃です。5月のゴールデンウィークは潮干狩りのピークの時期ですが、今年はあまり潮位がよくないようです。5月の後半、27日(土)、28(日)は今年一番といっていいほどの最適時期のようです。
気象庁の「潮位表」などを元に千葉の潮干狩りに最適な時期をご紹介していますが、天候などにより変化します。

【月別の潮干狩り最適時期】
3月:28日(火)〜31日(金)
4月:26日(水)〜30日(日)
5月:27日(土)、28日(日)

潮位の変化などもっと詳しい最適時期の説明は、こちらの関連記事「潮干狩り 時期はいつから?沢山採るコツや道具、砂抜きなど一挙ご紹介」からどうぞ!!

千葉の潮干狩り 無料でおすすめの場所はどこ?

千葉県には無料で潮干狩りができる場所がいくつかありますのでご紹介します。

【千葉ポートパーク(千葉ポートタワー)】
全長約580mの人工の砂浜の潮干狩り場です。無料の駐車場や休憩所、足洗い場、シャワーなど潮干狩りに必要な設備が全て揃っています。

住所:千葉県千葉市中央区中央港1-10
問合せ:043-247-6049(受付時間9時~17時)
採れる時期:4月~8月
採れる貝:アサリ、ホンビノス貝
駐車場:約250台
アクセス:JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと駅」より徒歩10分。

【江戸川放水路】
関東を流れる一級河川「江戸川」の放水路は、千葉の潮干狩りの穴場スポットです。京葉線の橋げた付近の干潟がアサリの多くとれるオススメのスポットです。

採れる時期:4月~8月
採れる貝:アサリ、ホンビノス貝、オキシジミ、シオフキ等。
アクセス:JR京葉線「二俣新町駅」より徒歩20分。

千葉県は海に面している為、潮干狩りができる場所が多いですが、禁止されている場所もあります。袖ヶ浦市海浜公園や稲毛海浜公園、九十九里地区は潮干狩り禁止ですので注意して下さい。

【スポンサードリンク】

無料と有料の差は何?

無料と有料の差は何なのか?というと、有料の潮干狩り場は事前にアサリやハマグリを撒いてくれています。ですので間違いなく貝をたくさん採ることができます。その他有料の場所では道具などのレンタルが可能なところが多く、手ぶらで潮干狩りに行くことができ、また持ち帰りの為の海水蛇口、トイレやシャワー・ロッカーなどの施設も整っています。良く採れるポイントなどを教えてもらえたりもします。

無料の潮干狩り場はそういった施設などがない場合も多く、簡単に貝が採れる訳ではありません。うまく穴場を見つけることができればいいですが、すでに先客に獲られた後などは、せっかく行ってもまったく獲れないという事態も考えられます。

千葉の潮干狩り 有料の料金は?

有料の潮干狩りの料金は、

大人(中学生以上):2kg1,600円(網袋付き)
小人(4歳以上):1kg800円(網袋付き)
超過料金が1kgにつき800円

というところが多いようです。この基本料金に加えて熊手や網のレンタル料金(200円前後)やロッカーの利用料金が必要です。

まとめ

2017年の千葉の潮干狩り時期や料金、無料のおすすめスポットなどをご紹介しましたが、無料・有料とありますが、お子さま連れの場合は施設の整った有料の潮干狩り場がいいかもしれませんね。実際に潮干狩りに行かれる際は、行きたい潮干狩り場の潮見表カレンダーを事前に確認してからおでかけするようにして下さいね。

以上、「千葉の潮干狩り 2017年の時期、無料と有料の差は?料金はいくら?」でした。

関連記事:潮干狩り 時期はいつから?沢山採るコツや道具、砂抜きなど一挙ご紹介

関連記事:貝類の砂抜きは50度のお湯で洗えばあっという間に完了!(あさり編)

【スポンサードリンク】