松本明子 放送禁止用語は何?生放送で連呼→干される

松本明子 放送禁止用語は何?生放送で連呼→干される



「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に松本明子が先生として出演しました。その中で明かされたのは昔生放送中に連呼していしまった放送禁止用語があり、これによって一時芸能界を干されました。果たして、何を連呼したのでしょう?

そして自己チューで息子から無視されてしまったというエピソードも語られます。というわけで、放送禁止用語は何かと松本明子の家族についても調べてみました。

【スポンサードリンク】




【生放送中連呼した放送禁止用語とは何?】

連呼した放送禁止用語とはズバリ「おま◯こ」です。女性の大事な部分。

いつどこで叫んでしまったのかという詳細は以下です。

今から30年以上前の1984年、『オールナイトフジ』1周年記念と『オールナイトニッポン』の10周年記念の合同番組に出演した松本明子。
この番組は生放送で、放送中司会の片岡鶴太郎と笑福亭鶴光に彼氏の名前をばらされそうになり、「マイクに向かっておま◯こと言え」「言えば一躍人気者になれる」などと言われ4回も叫んでしまいます。

これが問題となり、松本明子は一時期活動停止を余儀なくされてしまいました。司会の笑福亭鶴光はこの一件で”下ネタ系要注意タレント”とレッテルを貼られ、世間からは”松本明子を地獄へ追いやった上方落語家”と言われました。これは「四文字言葉事件」と呼ばれ大変話題になりました。

香川県出身の松本明子は当時「おま◯こ」の意味は理解していなかったとそうです。そして当時人気がいまいちだったことから、ためらいもなく叫んでしまったそうです。おかげで別の意味で「人気者」になってしまいました。

自分のしでかしたことの大きさに本人もビックリしたそうですが、あとの祭りで事件後2年間くらい仕事がゼロになってしまいます。悩んだ松本明子は当時最寄り駅のベンチに一日中座りこんだりしていたそうです。

その後は電波少年シリーズやTVチャンピオンの司会など、徐々に芸能界に復帰しドラマにも出るようになりました。

ちなみにばらされそうなった彼氏というのが当時バイセクシャルで有名な人だったらしいです。噂では男性アイドルグループ「キャロット」の「加藤晋太」という人。新宿2丁目で働いていた経歴があるそうです。

【スポンサードリンク】




【松本明子の家族】

松本明子は1998年3月に俳優の本宮泰風(もとみややすかぜ)と結婚します。本宮泰風は6歳年下なので姉さん女房ですね。本名は「平井康之(ひらいやすゆき)」と言い、1つ年上の兄に同じく俳優の原田龍二がいます。水戸黄門の5代目助さんをやられた方ですね。

交際のきっかけは兄の原田龍二がドラマの現場に弟の本宮泰風を連れて来ていて、撮影後に松本明子と3人でお茶をしに行ったそうです。原田龍二が別件で途中退席してしまったので、本宮泰風と2人きりになってしまったそうです。
ひとしきり話しが盛り上がったからでしょうか、松本明子がおもむろに本宮泰風を自宅に招待して親と合わせます。本宮泰風もまんざらではなかったのか、今度は「うちにも来ますか?」と言って、自分の家に松本明子を連れて行き親に紹介します。

これで出会った日に両親との顔合わせが済んでしまい、その後交際がスタートしたのだそうです。そして最後は松本明子が「結婚する気はあるのか?」と迫り、結婚に至ったようです。

その後、2000年に長男が誕生します。名前は龍聖(りゅうせい)くん。現在15歳ですから、中学生ですね。

しくじり先生では、この龍聖くんを溺愛し過ぎで、息子から無視されるがある時期から教育方針を変えたことにより、今は良い親子関係になっていることが語られます。

また、ネット上では、松本明子、本宮泰風夫妻の離婚が噂されたこともあるようですが、実際はそんなことはなく仲の良いご夫婦のようです。

本宮泰風はVシネなどで活躍されてますし、松本明子もテレビで最近は「ドケチタレント」として活躍されていて、夫婦、家族に大きな問題はないと思われます。

というわけで、「松本明子 放送禁止用語は何?生放送で連呼→干される」でした。しくじり先生では他にどんなエピソードを語ってくれるのか楽しみです。
それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【スポンサードリンク】