陽炎の辻完結編 あらすじ、キャスト、撮影場所を紹介

陽炎の辻完結編 あらすじ、キャスト、撮影場所を紹介


(出典 http://www.k5.dion.ne.jp/~yusahome/pg46.html#)

2007年からいくつかのシーズンやスペシャルドラマにわけてNHKで放送されてきた時代劇「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」。その完結編がNHKの正月時代劇として放送日「2017年1月2日(月)総合 21:00~22:29」に放送されます。今回は完結編のあらすじやキャスト、撮影場所についてご紹介します。

関連記事:男水!ドラマのキャスト、あらすじと舞台のチケットや日程
関連記事:富士ファミリー2017 あらすじやキャスト、薬師丸ひろ子の役どころ、羽田圭介がデビュー!?
関連記事:釣りバカ日誌2017新春ドラマスペシャル あらすじ、舞台、キャスト。西田敏行が復帰!
関連記事:君に捧げるエンブレム キャスト、桐山照史の役柄、あらすじ紹介

【スポンサードリンク】

ドラマ 陽炎の辻とは

原作は佐伯泰英の時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』双葉文庫(双葉社)全51巻で累計発行部数は2,000万部を突破するベストセラー作品です。

物語の主人公坂崎磐音は九州・豊後関前藩(架空)の若い藩士でしたが、理由あって出奔し浪人として江戸の深川に住んでいます。剣を構えた姿が縁側で日向ぼっこをしている年寄り猫のようなので“居眠り剣法”と呼ばれていますが、腕は確かで居眠り猫が突然目覚めたかのごとく鮮やかな剣さばきを見せます。江戸中期を舞台に彼と江戸下町の人々との心温まる交流の話からやがては幕府の権力争いに巻き込まれていく、という剣あり、恋あり、涙あり、笑いありの時代小説です。

NHKでは過去に山本耕史主演で3つのシーズン、2つのスペシャルドラマが放送されました。各シーズンと放送時期を下にまとめました。

〇第1シーズン 木曜時代劇「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」
2007年7月19日~10月11日(全11回) 木曜 20:00~20:43

〇第2シーズン 土曜時代劇「陽炎の辻2~居眠り磐音 江戸双紙~」
2008年9月6日~11月22日(全12回) 土曜19:30~19:59

〇正月スペシャルドラマ「陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~ 夢の通い路」
2009年1月3日(土) 21:00~22:27

〇第3シーズン 土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙~」
2009年4月18日~8月8日(全14回) 土曜19:30~19:59

〇正月スペシャルドラマ「陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~ 海の母」
2010年1月1日(金) 21:00~22:29

完結編のあらすじ

妻・おこんとの間に誕生した息子・空也も6歳となり、坂崎磐音は小さな剣術道場主として家族らとともに穏やかな日々を送っています。

そこへ1人の若侍が現れたことにより、穏やかな日常は破られます。名前は松平定信、現・白河藩藩主であり徳川吉宗の孫として、かつては次期将軍の有力候補でもありました。しかし、その聡明さを恐れた老中・田沼意次によって白河藩に養子に出されてしまいました。父・宗武の遺言である打倒田沼を果たすため、定信は磐音弟子入りを願い出ます。

一方、田沼意次の側近は、定信が磐音の元へ訪れたことを知り刺客をしむけます。磐音は一人の剣術家として、また息子の成長を願う父親として、家族を守り抜きたいと思いますが、その願いとは反対に政治の権力争いの舞台に巻き込まれていきます。やがて、江戸城内で田沼の息子・意知が襲われるという事件が起こり背景に定信が浮かび上がります。定信の無実を信じる磐音は動き始めます!

坂崎磐音は架空の人物ですが、田沼意次、松平定信はともに江戸時代中期の幕府の老中で実在の人物です。また、田沼の息子である意知も江戸城内で暗殺されています。実在の人物に絡んだこの展開は、原作でも後半主軸となっていったところです。

しかし、田沼意次はシーズン3までは登場していませんから、今回のお正月ドラマでは唐突に登場することになりそうです。そのあたりは原作とも違いオリジナルな展開になるようです。原作ファンの方も必見ですね!

陽炎の辻 完結編のキャスト

坂崎磐音:山本耕史
おこん:中越典子

田沼意次:長塚京三
松平定信:工藤阿須加
松平宗武:山本學
田沼意知:滝藤賢一

小林奈緒(磐音の元許嫁):笛木優子
品川柳次郎(磐音の用心棒仲間):川村陽介
竹村竹左衛門(剣の腕が良い元浪人、現在は屋敷門番):宇梶剛士
赤城儀左衛門(今津屋吉右衛門の元妻、お艶の兄):小林隆
金兵衛(おこんの地日親):小松政夫
由蔵(今津屋の元締め番頭):近藤正臣
速水左近(将軍の御側御用取次):辰巳琢朗
笹塚孫一(南奉行所筆頭与力):佐藤B作

【スポンサードリンク】

陽炎の辻 完結編の撮影場所

屋外での撮影は茨城県にある『ワープステーション江戸』で行われていました。ここはNHKエンタープライズが管理、運営するロケ施設でNHKの時代劇ではおなじみの撮影場所ですね。

場内は一般公開されていて、誰でも気軽に時代劇の雰囲気を楽しむことが出来ます。撮影中は入場や場内通行の一部を制限する場合がありますが、リハーサル風景やロケの現場も見ることはできます。
今回の撮影は2016年10月上旬から11月初旬にかけての短期間だったようです。

〇ワープステーション江戸
公開時間 9:00~16:00(最終入場は15:30)
定休日  月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
入場料  大人(高校生以上)400円、小人(中学生以下)200円
所在地  茨城県つくばみらい市南太田1176
電話番号 0297-47-6000

屋内での撮影は横浜市青葉区にある緑山スタジオのセットロケで行われていました。

【スポンサードリンク】

まとめ

2007年から10年間続く人気シリーズ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」。3つのシーズン、2つのスペシャルドラマにわけて放送され、ついに2017年1月2日完結編が放送されます。

キャストは主演の坂崎磐音役に山本耕史、妻のおこん役に中越典子といったおなじみの面々です。ずっと見続けているファンは絶対に見逃せないことでしょう。

以上、「陽炎の辻完結編 あらすじ、キャスト、撮影場所を紹介」でした。

関連記事:男水!ドラマのキャスト、あらすじと舞台のチケットや日程
関連記事:富士ファミリー2017 あらすじやキャスト、薬師丸ひろ子の役どころ、羽田圭介がデビュー!?
関連記事:釣りバカ日誌2017新春ドラマスペシャル あらすじ、舞台、キャスト。西田敏行が復帰!
関連記事:君に捧げるエンブレム キャスト、桐山照史の役柄、あらすじ紹介

コメント一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

No commented yet.

  1. […] 関連記事:釣りバカ日誌2017新春ドラマスペシャル あらすじ、舞台、キャスト。西田敏行が復帰! 関連記事:陽炎の辻完結編 あらすじ、キャスト、撮影場所を紹介 […]

  2. […] 関連記事:陽炎の辻完結編 あらすじ、キャスト、撮影場所を紹介 関連記事:富士ファミリー2017 あらすじやキャスト、薬師丸ひろ子の役どころ、羽田圭介がデビュー!? 関連記事:君に捧げるエンブレム キャスト、桐山照史の役柄、あらすじ紹介 関連記事:釣りバカ日誌2017新春ドラマスペシャル あらすじ、舞台、キャスト。西田敏行が復帰! […]