ぼくのいのち 実話がドラマ化 あらすじや主題歌のAnlyについて

ぼくのいのち 実話がドラマ化 あらすじや主題歌のAnlyについて



3月23日、日本テレビ系列で「生存率0%の病と闘った、ある家族の物語 『ぼくのいのち』」が放送されます。
わずか4歳の息子が、2年後の生存率0%と医師から宣告されても最後まで諦めず家族で病気に立ち向かっていくストーリーです。この感動的なドラマは実話を元に作られています。
幼い子供を持つ親として共感できる部分が多いこのドラマのあらすじや主題歌について書いていきます。

【スポンサードリンク】




ドラマのあらすじ

ドラマの主人公となる家族は父親、明るくてお茶目な一家の大黒柱、川田大介46歳(北村一輝)と、しっかり者で朗らかな母親、川田三千代39歳(木村佳乃)、3人の息子達の5人家族。三男が誕生したばかりで、幸せで平穏に暮らしていたが、ある日、両親は次男・祐平(横山歩)の異変に気付きます。祐平を病院に連れて行くと、医師(佐々木蔵之介)から100万人に1人発症すると言われている小児ガン、肝芽腫(はいがしゅ)だと宣告されてしまいます。

病院に入院した祐平ですが、医師から肝臓をすべて取り除き、代わりに親族の肝臓の一部を移植する大規模な手術を提案されます。しかし、移植に成功しても転移再発した場合、2年以内の生存率は0%という厳しい現実を突きつけられます。絶望感に襲われる三千代ですが、病気になってもなお「母ちゃん、泣いていると元気になれないよ」と泣きながら笑顔を見せる祐平の姿に自分の肝臓を移植する決意するのです。

はたして手術は成功するのか・・・。そして術後の様態はどうなっていくのか・・・。

放送は、
2016年3月23日(水) 日本テレビ 夜9:00〜
です。

【キャスト】
川田大介・・・・・・・・・北村一輝
川田三千代・・・・・・・・木村佳乃
川田真人(長男)・・・・・大山連斗
川田祐平(次男)・・・・・横山歩
川田温彦(三男)・・・・・実名なし
中村節子(三千代の母)・・高畑淳子
中村憲雄(三千代の父)・・竜雷太
中村雪絵(三千代の妹)・・北川弘美
蒔田昭司(大介の上司)・・升毅
小野寺美咲(幼稚園教諭)・木南晴夏
三國隆晴(医師)・・・・・佐々木蔵之介

筆者には2歳になる娘がいますが、あらすじを読んだだけで泣けてきてしまい本編を見るのがちょっと怖いくらいです。

【スポンサードリンク】




ドラマの主題歌

今回のドラマの主題歌となったのは、デビュー間もない「Anly(アンリー)」新曲「笑顔」というセカンド・シングルです。ドラマが放送される3月23日にリリース予定です。

番組のPRムービーの中で流れている同曲は、ドラマの内容にぴったりの歌詞と曲調で、1分間のムービーを見ただけで泣けてくるのでスゴイと思ったら、ドラマ専用に作られた曲であることがわかりました。あらかじめ台本を読み込んで書き下ろしたそうです。
どおりで家族愛がしっかり表現された曲になっているわけです。

しかし、このAnly、1997年生まれでまだ19歳です。なのにこのクオリティの曲が作れるとはスゴイ才能の持ち主だと思います。
2015年11月にソニー・ミュージックからメジャーデビューしています。まだデビューから4ヶ月ほどしか経っていません。
デビュー曲は「太陽に笑え」。フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全彼女』の主題歌として流れていました。メジャーデビューに先立ちカロリーメイトのCM「見せてやれ、底力。」篇において、岡村孝子の楽曲「夢をあきらめないで」をカバーしています。
出身は沖縄県伊江村。小さい頃から父親の影響でギターに触れており、自然と弾いて歌っていたそうです。

(ファーストシングル・デビュー曲「太陽に笑え」 Anly Officialチャンネルより)

(カロリーメイトCM「夢をあきらめないで」カバー 大塚製薬公式チャンネルより)

ドラマのあらすじや主題歌については以上です。実話を元にした『ぼくのいのち』は1回だけの2時間スポットドラマですが、アラフォーパパにはぜひ見てもらいたいです。とはいえ筆者としては涙腺が緩みまくりそうで、そんな姿を奥さんに見られたくないのでどうしたらいいか考え中です・・・。

【スポンサードリンク】